歯科技工所KDLブログ

「ものづくり補助金」が採択され追加の設備投資が決定しました。

(2019年7月1日 12:00 PM更新)


 

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」に採択されました

 

これにより、CAD/CAMや3Dプリンターのデジタル技工設備のさらなる増設を行うことが決定しました。国からの補助金が正式に決まりましたので、設備投資のコストを抑えることができ、より高品質で低価格な技工サービスを提供できると思います。

 

今回の予算で追加する予定の設備は次の通りです。

 

歯科CAD/CAM機 「Roland DWX-52DCi」

 

連続運転を実現するディスクチェンジャー

材料を自動交換するディスクチェンジャーを搭載。最大6個までのアダプターを取り付け可能で、さらに材料に応じてエアー量を自動で切り替えられるため、多様な材料を連続加工できます。ディスクチェンジャーユニットと加工エリアは独立しているため、加工中でもアダプターのセット・交換が可能で、機械の停止・待機時間を最小限に抑え、製作プロセスを大幅に効率化し、生産性をさらに向上することができます。

 

  • 連続運転を実現するディスクチェンジャー
  • 15本オートツールチェンジャー(ATC)
  • 同時5軸制御とボールネジによる高品質な加工

 

ジルコニアシンタリングファーネス「ZirMaster3500」

  • φ98.5mmのジルコニアプレートの焼結が可能に
  • 20ステップ数でどんな材料にも適用可能なプログラム
  • 100コースのプログラム容量。材料・焼成本数毎にプログラムが登録可能。
  • SDカード搭載により、焼成データーを本体に取込可能。
  • 新しいジルコニアデータをメーカーHPよりSDカードにダウンロードし取込可能。
  • 新しいプログラムをメーカーHPからダウンロードし、本体のVer UPが可能。
  • 日本製

 

ソフトコバルト専用ファーネス「WELL-BURN(ウェルバーン)」

ローランドのCAM機で金属もデジタル技工が可能になりました。
CAM用のソフトメタル専用ファーネスです。

 

  • 高精度をもたらす焼成プログラム
  • 登録されている15のプログラムをユーザーが選択し、適切な条件で焼成をおこないます。
  • 配置するのに十分な焼成スペース
  • 特徴的な焼成ボールを有し、最大直径100mm、厚み22mmのディスクをそのままおいて焼成することもできます。

 

 

3Dプリンター「Formlabs Form2」

高精細造形が可能なSLA方式

DLP(プロジェクター)方式と違い高解像度で造形が可能なレーザーを使って硬化させるSLA方式。

 

カートリッジシステムによる自動充填

センサーにより樹脂タンク内の材料を自動で充填。継ぎ足しの手間がかかりません。

 

歯科分野における3Dプリンター三大用途の全てを網羅

3Dプリンターが活用される代表的な3つの用途「模型制作」「フレームワーク」「サージカルガイド」その全てをこの1台で行うことができます。

 

 

 



前へ:«
次へ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


ご注文・料金等のお問い合わせ

【全国対応】料金と品質には自信があります。

一度ぜひ当歯科技工所の料金設定と品質をご確認ください。
『一度試してみたい』『とりあえず料金を知りたい』など、料金や歯科技工のご依頼・ご注文など何でもお気軽にお問合せ下さい。

ご新規の歯科医院様・歯科技工所様向けには「お試しキャンペーン料金」もご用意しています。
詳しくはこちら

▼お電話(月~土 9:00~20:00)

TEL:045-317-6383

TEL:045-317-6383



▼FAX番号
FAX:045-534-6790

▼メールフォーム(24時間受付)
ご注文・料金等のお問合せフォームへ